うるノート

裏の裏まで読んで、行動する「不夜城」

映画にもなりましたね。

 

人の行動を裏の裏まで読んで、自分が行動。

そして、騙し、言いくるめて、自分の利益を確保する。

自分の保身を確かなものにする。

 

非常に利己的なものの考え方。

育った環境により、人間はこういう考え方にもなると。

もしくは大人になるということは、こういう考え方ができるということかもしれない。

 

汚さと、悲しさと、かっこよさが混同する。

この主人公が魅力的なのは、サバイバルしてるからだと。

現代社会で、人間本来が「なんとかして生きる」ということをやってるからだと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です