うるノート

数学ってこんなにも面白かったのか!「フェルマーの最終定理」

数学は高校時代に終わりを告げた。

小学校や中学校で興味を持っていたものではなくなっていた。

数学の教師というものは、おそらく数学そのものの面白さを伝えるべき。

 

30代になり、数学の面白さに気付かされた。

証明の完璧さ。

数学の厳密さが多くの科学分野の礎となっていること。

ペンひとつで学ぶことができること。

 

この本は、改めて数学の美しさに気付かされる。

そして、数学の証明は未来永劫普遍的なものとなる。

 

こんなに楽しいものを見過ごしていたのか。

 

どこのページから読み始めても、再びどっぷり読み込んでしまう。

 

そして、読んでいる最中に、ペンとノートを探しに行ってしまう本。

豊嶋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です