うるノート

日本人にはスゲー先輩がいる!「グリーン・ファーザー―インドの砂漠を緑にかえた日本人・杉山龍丸の軌跡」

インドの食料飢饉を救うため、全財産を投じて緑化した人がいた。

杉山龍丸さん。

 

見渡す限りの荒れ地を緑の山に変えた。

その広さはアナタが考えうる大きさの想像を絶する。

その功績というか偉業というか本当に人間がやったことなのかと目を疑う景色からは、

この地球における人類の存在意義を知ることができる。

 

人間は植物がなければ、一秒たりとも生きられない。

よもや生まれてさえいないかもしれない。

水や空気や食べ物、その他人間が生きるのに必要な全てのものをもたらしてくれる。

 

地球上における人類の生命維持装置。

それを守ることも壊すことも人間にはできる。

しかし植物がなければ、人類は滅亡する。

 

日本人として、世界に対してできることがある。

真のグローバル人材になるには、個人として世界に何が出来るか。

頭をガツンとやられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です